2011年12月29日

デュッセルドルフの図書館のサイトにログイン出来ない時の対処法

デュッセルドルフ(Düsseldorf)の図書館にログインしようとすると下記のようなエラーが出ることがあります。

Fehler
Nachricht

Leider ist ein unvorhergesehener Fehler aufgetreten.

Sie können nun folgendes tun: Klicken Sie oben auf
Startseite, um Ihre Recherche zu wiederholen,
Ausleihkonto, um sich über Ihre ausgeliehenen Medien zu informieren,
Gebührenkonto, um Informationen über Ihre ausstehenden Gebühren zu erfahren
oder Hilfe.



まあ「なんかよくわからんエラー出たよー!」って事なんですが、これの解決が意外とめんどくさい。図書館の人にメールで聞いてもわからなかったので調べたらどうやらiframeの呼び出しで文字コードの指定がちゃんとされてない様子。

文字コードの問題なのでドイツ人のパソコンじゃ起こりませんから図書館の人もちゃんとわかってないんでしょうね。ちなみにiframeの問題なので普通にエンコードを切り替えてもやっぱりエラーはなおりません。

さて、ではどうやって解決するか。
続きを読む


posted by 砂鉄 at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

ドイツの電化製品売り場で質問するコツ

海外生活をはじめると一番の大きな障害となるのは「言葉の壁」ではないでしょうか。ただ言葉が喋れない時は単に言葉の壁だと思っていたことが実は「文化の違い」だったと気付かされることがよくあります。 今回はその例を一つ。

ドイツは「サービス砂漠」と言われ、特に電化製品売り場の店員の足りなさは日本のサービスに慣れている人間にとっては恐ろしいレベルです。 まず店員がいない。 この時点でウォーリーをさがせ並の難しさ。 さらに店員さんを捜し歩いてやっとの思いで見つけても「ここの売り場の担当じゃありません、あっちの人の聞いて」とほぼ間違いなく言われてしまいます。

初めの頃は「不親切な店員に当たってしまったんだろうか?」「私の聞き方が悪かったんだろうか?」と不安になったものですが、どんな質問の仕方であろうがどの店員にあたろうがそんな対応です。

さらにやっとの事で店員を見つけても大抵の場合は既に他のお客さんの対応にあたってることがほとんどです。 なにせ店員が少ないですし、お客さんと全く関係ない雑談が開始されてたりしますから。 そこで横から"Entschuldigung...(すいません…)"と声をかけても9部9厘無視されます。 日本人の常識じゃありえないですね。 初めは「声が小さかったから聞こえなかったのかな?」「聞き方が悪かったんだろうか?」と不安になってしまいますが、これもやはりドイツではごく普通の対応です。 他の人と話してる時に話しかけてもほぼ100%シカトされます。




正しい対応は「店員と話してる客のすぐ後ろで無言で待機。」になります。 そうすれば今のお客さんの対応が終わればすぐに "Was kann ich für Sie tun?(どうされましたか?)" と満面の笑みでこちらを向いてくれます。「さっきシカトしたのは何やってんーー!!」とツッコミたくなりますが、そんな事は忘れて聞きたかった事を質問しましょう。 ありがたい事に電化製品の売り場の店員は英語が通じる率が高いのでドイツ語ができなくても何とかなる事が多いです。

何ともならなかった時は頑張って英語ができる店員を探してもらうか、ドイツ語ができる友人についてきてもらうか、もしくは自分のドイツ語能力を上げましょう!
posted by 砂鉄 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

図書館を使おう

ドイツに住んでるならドイツ語の勉強をするのにドイツ語の図書館を使わない手はありません。日本だと図書館に行っても日本語の外国人向けの本はほとんど見つかりませんが、ドイツではドイツ語を中心に色々な言語の学習に役立つ本が揃えられています。 堅苦しい教科書から軽めのジョーク集なんかもおいています。ドイツ人向けに書かれた日本語学習の本も置いてますので面白いですよ。




さて図書館の具体的なサービスの話なので今回もデュッセルドルフ限定のお話になりますが、他の地区にも図書館はありますので同じサービスが提供されている可能性は高いです。ぜひ図書館を訪れてどのようなサービスがあるか質問してみてください。

使用料


図書館に入って勉強したり本を読んだりするだけなら使用料はいりません。勝手に入って勝手に使って勝手に帰りましょう。ちなみにドイツでは珍しいトイレがただで使える施設でもあります。

本やDVDを借りるのであれば年間の使用料が必要になってきます。価格は大人が16ユーロ/年で18歳以下の子供が2.5ユーロ。 これで本やDVDが借り放題になるので非常に安いですね。 DVDはさすがに最新作の売れ筋のものはあまり置いていませんが、色々な映画がただで借りれるのでおすすめです。特にドイツ語を勉強しようという人にはドイツのDVDは律儀にドイツ語字幕をつけてくれていますので学習教材として非常に優秀です。

ドイツ語で漫画


またドイツ語に慣れていないと文字だけの本を読むのは大変でしょうがデュッセルドルフの図書館には日本や韓国の漫画がおいていますので、初学者で漫画好きなら最高の環境でしょう。
置いてあるのを見たことがある漫画をざっと並べますと、

  • Monster[浦沢直樹]

  • アドルフに告ぐ[手塚治虫]

  • りんぐ

  • らせん

  • クロマティ高校


  • 少年少女[福島聡]

  • 羊のうた

  • Alive[高橋ツトム]


  • 他にも少女漫画や韓国漫画、それにアメコミも置いています。




    貸出期間


    貸出期間は1ヶ月でこの期間を届け出無しで過ぎてしまうと1ユーロの延滞料が発生してしまいます。ですが、最大2回まで1ヶ月の延長申請をネットからできますので、実質3ヶ月間借りることが出来ることになります。

    次の予約


    ただ、長く借りれるのは借りる方としては素晴らしいのですがその本が読みたい別の人には困った話です。

    ですので「次の人として予約をしてもらう」サービスも用意されています。残念ながらこちらは1ユーロの有料サービスなんですが、どうしても早く読みたい本がある時は使ってみてはどうでしょうか? 少なくとも購入するよりは安くすみますので。

    「予約」はこの場合ドイツ語で Vormerkung と言います。 申請は以下のURLからできるようになっています。
    https://www.duesseldorf.de/stadtbuechereien/service/ssl_buechereivormerkung.shtml

    無線LAN


    私自身もこの記事を書くためにデュッセルドルフの図書館のページを確認するまでは知らなかったのですが、図書館では無線LANを無料で使うことができるようになっていました!

    まだ図書館全域に無料でというわけには行かず1階の受け付けて1時間分のチケットを受け取りWLANの範囲も限られてるようですが iPhoneなどのスマートフォンでネットが快適に見れるのは非常に嬉しいですね。

    次回機会ができたら使ってみようと思います。


    他にも図書館で出来ることは色々ありますので、ドイツに住んでいるならぜひこの素晴らしい施設を有効活用していきましょー。
    posted by 砂鉄 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。